読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIPLAB

Welcome to my favorite place.

日本鬼子ぷとじぇくと

IMG_000394_fuckkun

 これは昔、私の漫画で登場させていたマイキャラのファックンです。
今回、鬼こっこという漫画で、外観を少し変えて登場してもらっています。

鬼子プロジェクトに参加した事を、少し振り返ってみました。つづきを読む。


 わちきは、YOUTUBEのまとめ動画を見て、日本鬼子ぷろじぇくとという不思議な組織の活動に参加して退会しました。参加した動機は、中国からの野蛮な罵りを萌えキャラクター化という手法を使った平和的解決に興味を覚えたからです。退会した理由は後で述べます。

 この活動を少し振り返ってみると、中国人が日本人を罵倒する時に使う日本鬼子(rìběn guǐzi)*1に対して新たに日本鬼子(ひのもとおにこ)*2と名付けてキャラクター化する事でした。これを斜めに打ち返したと呼ばれていました。

 参加当時のスレッドでは論争が絶えない様子でした。争点は多岐に分れていて私は混乱したのを覚えています。印象に残った事はキャラクターとしての在り方についてでした。蔑称を萌えキャラクター化した過去を持つ日ノ本鬼子とすべきなのか、蔑称を萌えキャラクター化した過去を消した日ノ本鬼子とすべきなのか、です。でもこの話し合いは必要無いと感じていました。それは受け手側の問題であると思っていたからです。

 今では多くの人が日本鬼子(ひのもとおにこ)というキャラクターを使って楽しんでいます。これを見て私は、日本鬼子は既に2つの意味を持つ言葉になったのだと感じました。しかし日本鬼子という言葉を目にした時に、日ノ本鬼子を連想してもらうには明確な象徴が必要になり、それを使って活動している実態が必須となります。
 今は代表のデザインが半固定化して使われているようですが、私は個人的に日ノ本鬼子へもっと多くの概念を付け足してみたいと思いました。様々な日ノ本鬼子が存在すれば概念の書き換えが自由な事を、もっと証明できると思ったからです。でもあまりその必要も無いくらい少しずつバージョンの異なる日ノ本鬼子が複数存在しているようです。

 そして、活動の拠点である2CH(にちゃんねる)の過去のスレッドをリサーチしていく内に、この萌え化の活動はある一人の思いつきだった事が分りました。これは後に初代1と呼ばれる人です。この初代1という人物は途中で2CHから去っています。去った理由は、この活動に対する方向性の違いのようでした。初代1は中国の民主化までを含めた展望を持っていたようですが、他の多くは純粋な萌えキャラクター化とする事を望んでいたようです。
 そして今は純粋な萌えキャラクターの日ノ本鬼子が誕生しています。サブキャラクター達も充実していてこれを使って自由に遊ぶ事も出来るみたいです。

 ここで私は一つ気付かされました。萌えキャラクターの日ノ本鬼子が純粋である為には、日ノ本鬼子の出生を隠した方が良いという一つの答えが導かれます。ここでようやくスレッドでの論争の意味を理解した私ですが、私の答えは何も隠さずに堂々と、してやったりというような自信を各自が持って欲しいと思いました。その理由にはこの活動によって平和的解決が出来た事。そして初期から参加して日ノ本鬼子製作の土台となった人達がいる事です。今も2CHでこの活動に参加している人達の足の下に、それは存在していると思っています。
 これと同時に、日ノ本鬼子のキャラクター性だけを唯々愛してしまった人達の気持ちも理解出来ます。ですが守破離の精神で先代の創作者達を超えて行って欲しいと思っています。

 この度私は、この日本鬼子の萌えキャラクター化の活動から身を引きました。理由はそこで私が自由に創作活動が出来なくなってしまった為です。このプロジェクトの活動から離れて今私が思う事は、初代1というユニークな人物をわちきの書く話で笑わせてみたいという事だけです。


 追伸となりますが、いままでお付き合い下さったプロジェクトの皆さんへ。自分でも訳が分らない私でした、色々ご迷惑をお掛けしたと思います。そして貴重な経験をさせて頂いた事に感謝しています。本当にありがとうございました。

*1:※以下、リーベンクイツ

*2:※以下、日ノ本鬼子