LIPLAB

Welcome to my favorite place.

小説お化けにナロウィーン!

IMG_000699_novellas-narroween

奇怪な事件が起こる場所には近寄らないほうが良いなんて 

いつもの交差点にだってゾンビが雪崩れる事もあるよーに 

ひとり浸かった湯船には逆さ世界への扉が沈んでいるものだ。




 11月にいちばん近い10月のとある日、空前絶後の雪嵐がやって来た。
 授業中だった教室の窓は砕け散り厳冬が顔を覗かせた。雪達磨の急襲に皆、逃げ惑う事しか出来なかった。
 吹雪が止んだ後には廊下や階段は氷像で溢れかえっていた。表情から凍てついた悲鳴がいつまでも聞こえる。
 奇跡的に生き延びた人達は校舎2階の図書室に居た。応急処置として割れた窓を本棚やカーテンで塞ぎ部屋の中央に置いたストーブを囲って身を寄せ合っていた。
 でも、夜になる頃にはその灯火も消えて付かなくなってしまった。そろそろみんな凍え始めている。
 ここに居るのは僕を入れて6人、隣のクラスの担任のフチャナ先生と小柄なペロ、彼女を連れて逃げてきたと言うウッティとその彼女らしきマヨナ、丸坊主に丸眼鏡をした少しひげの濃い僕の嫌いなリータだけだった。
 突然、フチャナ先生が震える生徒を見兼ねたのか意を決したように立ち上がった。
「そうよ!本を燃やしましょう!みんな!ここは図書室ですよ!」
 ペロは今だとでも思ったのか「ほーん!」と、裏返った声を出して先生の長い足に飛び付いた。
 フチャナ先生はいつもタイトな短いスカートを穿いていて、高いヒールで渡り廊下を歩く姿はよく話題になっていた。
 先生は器用にピボットターンをしながら床に散り乱れた本を物色した後、ペロの頭を分厚い本でポカポカした。
 ペロの頭は少し凍りかけていたようで、残った雪なのか氷が周囲に飛び散って聖人みたいな光の輪を作った。
「おいその辺でやめておけ!死ぬぞ・・・ それに本は燃やすものじゃない!」
 ウッティはフチャナ先生の手から本を取り上げると横でうずくまるマヨナに渡した。
「マヨナ・・ 俺なら大丈夫だから、な」と、マヨナの頭をなでなでした。
 マヨナは少し顔をあげてから震える手で本を受け取るとウッティを見つめ続けた。
 ウッティの頬がぽかぽかし始めたかと思うとウッティは制服の上着を脱いで突き出した。
「いいかみんな!これだ!これを燃やすんだ!」
「それはダメです!」
 先生が制止するもウッティは突っぱねた。
「いやこれはな思い出のブレザーなんだ!この俺の青春なんぞが封じ込められているのだ!裏地にはリュウ!」
 ウッティの瞳の奥が輝き出すのが見えた。
「絶対に燃える!確実にたぎる!灼熱の炎となり皆を暖め尽くすであろう!」
「超ウルトラスペシャルスーパーミラクルサンダーグレートワンダフルレインボーエクスプレスドラゴンファィイヤヤヤ―」
 何かの詠唱だろうか?ペロは先生の足にまだしがみ付いている。
「ウッティ…」
 マヨナは頬をぽかぽかさせながらウッティを見上げていた、すぐさま皆に背を向けて座り直すと足を交互に伸ばしてもぞもぞした。
 すっかり暗くなった図書室での微かな月明かりがその一瞬、リータの眼鏡に全反射した。
「ねえ、これも使って」
 頬をぽかぽかさせてマヨナは下を向いたまま握り締めた何かをウッティに手渡す。
「ぬわにぃ!こ、これは・・!」
 ウッティの手の上で何かほくほくした毛糸の編み物がゆっくりと膨らみ始めた。


   〔チャプター1:残された者達〕