読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIPLAB

Welcome to my favorite place.

創作しようぜ

IMG_000646_creativeness

梅館中学校に通う春美ちゃんと長文くんは同級生です。ふたりは今日も何かを創っていました。
ふたりの席は隣同士です。何故か授業中に創作行為が活性化するので先生によく怒られています。



----------------------------------------
キリングスペールス それは並行に落ちる校舎
----------------------------------------
キリングスペールス それは90度傾きだす教室
----------------------------------------
  
----------------------------------------
秒針が幾度も分針を追い抜いて時針は明後日の方角を指している
----------------------------------------
予鈴無く始まるシークエンス さざなみ開く束のカーテン
----------------------------------------
俺の居場所は無いに等しい 仮に例えばキミの足の傍に俺の消しゴムを転がそうとしても 
----------------------------------------
シャープなペインを感じる程に壁まで飛んでく良い例さ
----------------------------------------
廊下方面をひたひたに満たすフィアー 謎の固体が流れ着いては此方を覗き込んで来たとしても
----------------------------------------
俺は絶対見ないようにしているのだよ目下黙過
----------------------------------------
  
----------------------------------------
スパーキーサラウンドは次元を逸脱して何も聴こえなイミテーション
----------------------------------------
ブラックボーダーライン ブラックボーダーライン アフタースクリプトンラビナッ!
----------------------------------------
ブラックボーダーライン ブラックボーダーライン プラトゥーンライックラブリー
----------------------------------------
はだけ散るお前の前髪と制服 浮き足立つチョークのカラーリング 届きそうで届かない
----------------------------------------
さっきまでの蒼い空はどこ行った 黒き命に差分変換されてくモーメンツァラストリィ
----------------------------------------
判っているのかYO! お前の机は四角い聖域 判っておくれYO! 俺の夜目
----------------------------------------


パサッ


女 「できたっス」
女は隣の席の男に自分のB5ノートを開いた状態でこっそり渡した。

男 「・・・」

男は女から渡されたノートを凝視して、右手で自分の鼻の辺りを少し擦りながらおもむろにひっそり答えた。
男 「春美ちゃん・・キリングスペールスって何?」

春美と呼ばれた女は机に突いていた肘を少し離し、人差し指と中指を立ててVの字にしてひっそりこう言う。
春美「キリングスペースにルを足してみたぜチョブっ!」

チョブと呼ばれた男の目は激しく泳いだ後、再度ノートに固定された。そしてひっそりこう言った。
チョブ「ナ、ナルホドルス」

チョブは1センチ程の笑顔を春美に向け始めた。春美へ何かの衝動波が押し寄せて行く。すぐさま下を向いた春美であったが限界は来た。
春美「アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ギャノヽギャノヽノヽノヽノヽノヽ!!」

授業中の教室に春美の笑い声が響き切った。 これは昼前の出来事である。


  おわり。



            〔創作しようぜ〕

挿絵( http://img.f.hatena.ne.jp/images/fotolife/s/sawani-co/20161122/20161122180038.jpg )




登場人物の紹介。

想朔 春美(そうさくはるみ) あだ名:はるみん
 ファンキーな詩を書く女の子。

筆乃 長文(ふでのながふみ) あだ名:ちょぶくん
 短編小説を勉強中の男の子。